FC2ブログ
りぼんの一大事 その2
まさか りぼんの一大事 その2を書くことになるなんて
予想してなくて そのまま快方に向かうとばかりと思っていました

おかしいなと感じたのはまごっちが来た8月5日

ちっちをする時 何度もかがみ、まるで膀胱炎のようでした
でも その後はそんな事もなく過ごしていたので
一過性のものと様子を見ていたのですが

8月12日
また同じようなしぐさをするのです
今回の病気でお世話になった病院に行ったのですが
先回担当して下さった院長はお休みで他の先生でした
症状を聞いただけで「膀胱炎ですね」とのこと
体重が減少していると伝えたがその事には触れてもらえず
先回中止した抗生物質のお薬を処方して頂き戻ってきました

8月13日
りぼんが元気がありません
お水の入れ物がからっぽ・・・クスリの影響でよく水を飲むのに
空になったことに気がつかないで・・・・
脱水になると心配し水を与えるが飲みません
スイカはモグモグ フードも食べます・・・でもフラフラしている・・・
もうかかりつけの病院に行くしかないと・・・開く9時が待ち遠しい

一番に診て頂けて 今までの経過と検査結果など
書き留めた物や嘔吐した時の写真も見て頂きました

先生は最初の症状と最初の血液検査、
嘔吐の様子から「膵炎」ではないかと
その後、血液検査、エコー。肝機能の状態が悪く、
呼吸も荒いのでクスリを変更しましょうとのこと
体重減少はクスリの影響。
免疫力が下がってしまうのでフードはいつもより多く与え
ウンチがたまっていて脱水症状気味だが水も飲んでいるので
お薬を飲んで様子を見ましょうとのこと
次回は8月16日に見せてくださいとのこと

家では元気がないのに先生の前では元気にしているりぼん
他の患者さんへ挨拶しています おかしいなりぼん

その後 お薬が効いてきたのか 排便もし、元気
うんまくださいの催促がすごくて困ってしまう

8月16日 かかりつけ病院受診
血液検査結果ステロイドの影響で数値が良くないが
ステロイドを減らしてきているので飲まなくなれば大丈夫
他には特に問題もなく、現在処方した薬が飲み終われば
大丈夫だと思いますが急変があったり
心配な事があれば連れて来てくださいとのこと

痩せてしまい、ヨロヨロして、死んでしまうのかと
心配していたのでほっとしました・・・
体重は順調に増えてきて 元気も出て一安心です

念のため1ヶ月後に血液検査をしていただきましょう

わんこもこの天候ですので脱水の心配をした方がいいようです
冷房の中にいるのですがRUNAも少し脱水状態
わんこ用のポカリを薄めて飲ますとか
水分補給を心がけてくださいとのこと

シニアになったわんこたち気をつけてあげなければいけません

今回 かかりつけの病院ではりぼんを良く理解してくれて
アドバイスも適切でDrのおっしゃるような回復で嬉しかったです
そんな先生ですので患者さんが増えたのかお忙しい
開院当時よりお世話になっている我が家としては
嬉しいような 〇〇〇〇ような複雑です

長文になってしまいました。

最後まで見てくださってありがとうございました。

【2019/08/17 15:02 】
美容院と病院のこと
| ホーム |